FACADE

角地に映える、
端正な存在感を目指して。

趣のあるディテールは、デザインでさらに輝く。
煉瓦づくりの國武絣倉庫など日吉町が誇る懐かしく美しい風情を、
クラシカルな風合いや現代的な意匠で表現しました。
開放的な地だからこそ、時を経ても色褪せない存在感が必要です。

正面だけではなく全方位を丁寧に造り込む。
それがグランフォーレの景観への想いです。
シャープな縦のラインと彫りの深いデザインが、
変化のある表情を生み出す北面の佇まい。
遠景も近景も、その美しさは変わりません。

南面の開放感とゆとりの敷地を活かし、
暮らしやすさをデザイン。

伸びやかな南面は、心地いい暮らしの象徴のひとつ。
この地は、都心エリアでありながら、
開放感を享受できる稀少なロケーションです。
採光や通風を高め、心解き放つ眺めをお届けするために、
敷地計画から空間設計までトータルに配慮しました。

ENTRANCE APPROACH

緑が彩る瀟洒な佇まいが、
住まう誇りを標す。

エントランスアプローチは、奥へと導く植栽帯、
その先にゲートのような意匠とガラス張りの透明感を設え、広がりの中にも洗練された趣を演出しました。
歩みを進めるほどに、邸宅としての誇りが心に満ちてくるひととき。
潤いの緑と共に、年々風格を増す佇まいです。

Material Plan

繊細に創り込まれたタイルは、光の加減で陰影が生まれ、触れたくなる温かみがあります。
時を経ても変わらず、風合いを増してゆく素材だけを厳選し、この街と調和しながら歳月を重ねる姿勢を表現しました。

ENTRANCE HALL & LOUNGE

大人の安らぎに通じる
パブリックスペース。

自然の温もりを感じる空間美を陽光が照らし出し、
天井まで伸びる開放的なガラス扉で
内外をつなげたエントランスホール。
やわらかな気品を感じさせる迎賓空間を抜けると、
独立性のある静穏なラウンジが迎えます。
ライブラリーのような表情と重厚な落ち着きが融合し、
ゲストとの待ち合わせや憩いのシーンを優雅に彩ります。

Architectural Design

株式会社
エヌプラス アーキテクト デザイン オフィス

代表取締役 一級建築士

中村 正次郎
Syojiro Nakamura

日吉町は、都市の賑わいと歴史の面影を併せ持つ魅力的な街です。
そこで、情緒あるレンガ調のタイルを採用しながらも現代的であり、
かつ街並みに溶け込む造形を目指しました。
またエントランスホールとラウンジをそれぞれに独立させることで、
迎賓から安息へと続くおもてなしを表現。
素材をさらに美しく見せる採光や照明計画にもこだわりました。

自然を暮らしに取り込むこと、そこに住まう方が心地よく過ごせること、また環境に溶け込む建築を目指してプロジェクトに着手。各種建築などの企画、設計、監理から、建物デザイン、インテリアデザインなどを行い、幅広い空間づくりに取り組んでいます。

PAGE TOP